コンビニエンスストアの人手不足

コンビニエンスストアは近年人手不足に悩まされています。その理由としてはやはり時給が安いのに仕事量が多いことだと思います。コンビニエンスストアは簡単で誰でもできる仕事と言われますが、実際は仕事量はたくさんあり、その中で夏ギフト、冬ギフト、おせちやクリスマスケーキ、恵方巻きといったイベントごとの商品の販売活動もしなくてはなりません。日々の業務では商品の発注やお届け作業、フライヤーの調理やおでんの調理など休む間も無く働かなければなりません。その間にレジ応対もしなくてはなりません。まさに休む暇はありません。その中で人手不足になると必然的に一人が受け持つ仕事量が増えていきます。また各店のオーナーさんは従業員に辞められてしまうと自分がそこの穴を埋めなくてはなりません。中には休みなく働いているオーナーさんもたくさんいます。そこで大手コンビニエンスストアではセルフレジの導入を試験的に発表したのです。セルフレジが導入されるとレジの接客業務が減ります。そうすると他の仕事に労力を注ぐことができるので一人の仕事量の負担が減ったり、また人手不足でもなんとか営業できるような体制が整うことが期待されます。コンビニエンスストアの仕事量はとても多いです。このセルフレジ導入は明るい基調になると思います。