読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カラーコーディネートに無頓着な男性が多い

ファッション全体に興味が強いのは女性のほうですが、
最近はお洒落な男性も多いのでファッションのレベルも全体的にアップしているようには感じます。

しかし、世の中まだまだファッションに無頓着な男性が多いのも事実だと思います。

特にカラーコーディネートに無頓着で服を選ぶときに意識をしていないと感じます。

確かに男性の服は青や紺、黒、白、グレー、茶色といった色が多く地味になりがちですが、
それゆえにカラーを意識しないとなんとも垢抜けない感じになってしまいます。

たとえばモノトーンといえば聞こえがいいですがそれは黒や白などメリハリを利かせてシャープさを生かすコーディネートですがグレーばかりのよくわからない組み合わせのままの人もいます。

また青は寒色系の色とは相性がいいですが微妙な茶色と合わせたりして合っていないまま着ている人もいます。

黒い服にブルージーンズもどうも地味で余程お洒落に着こなさないと難しい色の組み合わせですが、
ぱっとしない着こなしのまま何も色のコーディネートを考えていない人も多く見かけます。

そういった人はだいたい小物の色も意識が低い場合がほとんどです。

靴やかばん、ベルトなどちょっと色をそろえたり、
合うような色を選ぶだけでもずいぶんとまとまったカラーコーディネートになりますがばらばらのまま選んでいる感じです。