息抜きを優先して肝心の布団の敷き直しが

ベッドの上に布団を敷いて寝ていると、寝相が悪いのか毎朝毛布や布団がずれています。
1日で大きな変化はないものの、3日敷き直しをしないと寝床がデコボコして寝にくくなります。
1年前までは少しの乱れも気になって毎日敷き直しを行っていましたが、あるとき仕事が忙しくそのまま寝てしまいました。
朝起きて気付くと、気持ちが悪いなぁと思ったけど問題なく眠れたので、次の日から毎日敷き直しをしないようになりました。
このところ1週間は雪が降るほど寒く、面倒だから明日やろう!と言っているうちに、気付くと5日も経っています。
敷布団を包んでいる毛布がむき出し状態になって、少しも温かくないから今日敷き直そう。
朝そう思い、今は夜の7時を過ぎたところ。今日は仕事休みで時間はたっぷりあったというのに息抜きを優先してしまいました。
家族とモーニングに出掛けて、すぐ帰るつもりが晴れていいお天気になったので外をお散歩。
普段日照不足でビタミンDやセロトニンが生成できていないと思うので、陽に当たれてよかった。
だけど、肝心のお布団はそのままだし、陽にも当ててあげられなくて後悔。
午後は趣味でやっている音楽鑑賞。
音楽鑑賞はリビングの部屋でモーツァルト。リラックス効果があるのと優雅な雰囲気が気に入って選びました。
曲を聴きながらティータイム。昼食を摂らずに紅茶を淹れて明治エッセルスーパーカップのバニラアイスを味わいました。
カフェインとカロリーを摂り過ぎました。おまけに精の付くものを何も食べていません。
布団のこともあって、楽しかったけど反省の多い1日でした。