平日の夕食をゆっくりと摂るために

最近の私は休日に1週間分のおかずを作るようにしています。

一人暮らしをしていた時も、お弁当だけはまとめて作って、冷凍保存していました。



しかし、家族がいるとおかずは何でも良いというわけにもいきません。

そのため、毎日食事作りをしていたのですが、それが徐々に負担になっていきました。



夜に家事が集中してしまうと、夕食をゆっくり食べる時間がなくなってしまいます。

そのため、胃腸の調子が悪くなったり、逆に食べないと空腹で眠れないというようなこともありました。



食事をゆっくりと食べることは、健康を維持するためにも重要なことです。

確かに食事作りは家事という仕事ではありますが、食事を提供してお金を頂いているわけではありません。



いくら時間がないからと言って、自分の食事の時間を犠牲にしてまで、家事や他の作業をやってしまうと、それがストレスになっていきます。



私はそのことに気が付き、やはり食事の時間はゆっくりと食事を行い、消化活動を助けることが大事だと思いました。



家族が食事をしている時に、自分だけ家事に追われているのは、何とも空しく思ってしまうものです。



それを避けるためにも、食事作りをまとめて行うことで、平日の夕食をゆっくり摂ることができるようになりました。