パソコンの不安定を覚悟でDVD鑑賞を再開し

自室のパソコンが動作不安定になり始めたのがちょうど2年前の夏辺り。何が原因か分からず、周辺機器のケーブルを引っこ抜いてようやく動作を安定させる事に成功したのですが、その代償は結構大きなものでした。
というのも、DVDを観賞するのに必要なコンボドライブのケーブルを全てマザーボードから抜いてしまったおかげで、ここしばらくレンタルDVDを一切楽しめない状態となってしまったからです。
その間にも次々と観たい映画作品がレンタルDVD化され、その数はどんどん溜まってゆく一方。話題作ともなると周辺の騒ぎ方が異常になりますから、観れない程に注目が行き、ストレスが溜まっていってしまいますよね。
ですからあえてそれらを気にしない様、各種メディアの専門コーナーに対しては目や耳を塞ぎ過ごしてきたのですが、最近はさすがに限界に近づきつつあります。
素直に映画館に行けばいいじゃないか、という人もいるのですが、私は絶望的にトイレが近く、落ち着いて映画館を楽しめない体質なのです。
という訳で、最近はとうとう業を煮やし、パソコンが不安定になるのを覚悟でケーブルを繋ぎ、ちょっとづつDVDをレンタルし観始める様になりました。
突然シャットダウンしてしまうかも知れず、かなり怖いのですが、久々の自室でのDVD観賞はやはり感動ものですね。