厄介なモグラくん

私が趣味としている家庭菜園を行っている家の裏畑には、ミミズが沢山います。畑の有機物を食べて有用な排泄物(簡単に言うとウンコです)を出し豊肥な畑にしてくれるので、家庭菜園にはとても有用な生き物です。しかしそのミミズを餌とする、厄介者のモグラも沢山いるのです。畑から家が建っている宅地に遠征してきたモグラが家の基礎にぶつかると、基礎沿いに一周ぐるっとトンネルを掘ります。雨が降るとトンネルの天井が落ちて基礎の周りを囲む小さなお堀の様な長いくぼみが出来ます。土を運んできて埋め戻すのですが、またすぐモグラ土建のトンネル工事が始まるのです。又、庭の芝生に入り込むとモグラがトンネルを掘る際に、芝生が盛り上がるため芝刈りをするとトンネルがある上の部分だけ盛り上がった土まで削られるので、事前に突き固めて平にしなければなりません。ここで、モグラのミニ情報です。モグラに似ているネズミは、四本足で体を浮かせて歩きますが、モグラは、手足が体の横に付いているため地面にお腹をつけて這うようにトンネル内を移動します。そのせいかミミズがトンネル内に落ちた微妙な振動を察知出来るのだそうです。現在、モグラくんの畑から芝生への外出防止策を思案中です。